冬コミのことをまとめてたらとんでもない長さに

コミケですよ

 恒例の冬コミ報告です。12月28日から1月1日まで、冬コミのために東京に行っていました。特に3日目のなのは島が目当ての僕は、本来なら同じ3日目のSF研には売り子参加しない予定だったのですが、大晦日開催ということもあって他に売り子をしに東京まで出られるという人間がおらず、泣く泣く午後から売り子もやっていました。腹いせに購入したなのは本の冊数は過去最高記録を更新しました。携帯電話は紛失しませんでした。だいたいそんな感じ。

0日目

 前回のように、青春18きっぷを複数人で共有しての貧乏旅行です。今回は往路をたひ(@tahi_)・桶(@iwaokeinfinity)、復路を桶と共有。父さん、ぼっちの僕にも一緒に東京に行く仲間ができました。
 集合時間は朝の7時。寝坊が怖かったので出発日前日の昼間にたっぷり睡眠をとり、夜通し荷造りとサークルチェックです。今回から紙のカタログではなくCD-ROM版のいわゆるカタロムを導入したため、サークルチェックがはかどるはかどる。とりあえず気になるサークルをピックアップしてみたのですが、なのは島だけで35サークルとはどういう了見でしょうか。メモ欄に「既刊全購入」「総集編も購入」とか書かれまくってるんですが、死ぬ気なんでしょうか。
 午前3時頃、あらかた作業も終了してふとTwitterを眺めてみると、なぜかたひと桶の二人がTLにいやがります。桶はまだいいとして、大学の講義を寝倒すことに定評のあるたひまで起きているというのは、まずすぎます。超まずいです。では睡眠依頼出してきます。

@m_soba いやまだ準備何もしてないし寝れないです [2/14]

http://twitter.com/tahi_/status/7096201089

 なんでだよ……。
 そんなこんなで結局3人とも一睡もしないまま東京へ向けての強行軍がスタート。道中は特におもしろいこともなかったので省略します。静岡爆発すればいいのに。
 東京に着いたはいいですが、特にすることもないのでとりあえず秋葉原へ。このあたりの行動はもう完全なマニエリスムですね。秋葉原のソフマップでエネループを購入すると、そのまま流れるようにリナカフェへ。ずいぶん込んでいたため、仕方なく電源のないカウンター席に座ります。もきゅもきゅとトマトとモッツァレラチーズのパスタをほおばっていると、あさげさん(@Asage)とちはやさん(@ch1haya)が来店。あさげさんはインスタントみそ汁の袋を、ちはやさんは桶を持ってくるという邪智暴虐っぷり。帰りたい。
 さすがに眠くなってきたので退店し、午後8時半に池袋のネットカフェにイン。明日のために早めに寝ます。

1日目

 コミケ1日目は鋼の錬金術師を筆頭としたスクエニ島、カイジ・アカギなどをはじめとする福本島が重なるという……考えようによっちゃおっかないダブルの日……! 特異日……! 年に二回訪れる嵐の日である……!
 もちろん一番の目的は3日目のなのは島ですが、この日のスクエニ・福本でもかなりの出費が見込まれます。さらに言えばひとところに固まっているなのは島と異なり、スクエニ系と福本系は場所的にかなり離れたところにあるため、消費する体力でいえばこちらの方が圧倒的に上。激戦が予想されるのです。
 始発参加は見送るものの、余裕を持って4時半に起床。しっかりと朝食をとって戦いに備えます。6時に山手線に乗り、1時間後には東の駐車場に陣取る形に。この時点から暑さによってじわじわと体力の消耗を余儀なくされる夏と違い、冬は少し厚着さえしてくればたいした問題も起きず、そのまま会場の10時まで余裕のTwitter三昧です。それにしても少し早く着きすぎたのでしょうか、例年になく前の方に並ばされ、開場してみればものの7分で東5入り。僥倖である。
 結局この日は福本、スクエニ系ときらら系を中心に30冊近く購入。このまま行けば前回の90冊オーバーの悪夢再現は免れそうな感じです。1時半に会場を離脱、いつも通り秋葉原へ。
 リナカフェが大変混雑していたため、仕方なくテラスへ。冬のテラスでアイス抹茶ラテというのはちょっとすごすぎるので、皆さんは真似しない方がいいと思います。横の席にゼームさん(@ze_mumu)がいましたが、「ブサメン非リア非コミュぼっち」を自任してらっしゃる手前、どんな方だったかはノーコメントで行きたいと思います。ミッキーマウスの中に人はいないのです。そういえば、「僕の左側にゼームさんがいる」とpostしたところ、ゼームさんが見事に「右側にはやてちゃんがいる」と返してきましたが、ゼームさんの右側は全くの別人でした。いったいなぜこんなことが起こるのでしょうか*1
 ネカフェに戻ったあとは、未読だった『賭博覇王伝 零』を一気読みとかしてました。やっぱり「殺したろう」はないと思うなあ。

2日目

 東方・ジャンプ系のこの日は、特に目当てのものもないため不参加です。とはいえ一日中ネカフェにいてもお金が飛んでいくだけなので、ここはひとつ東京見物でもするとしましょう。とはいえ、年末のこの時期にまともな観光名所に行っても、人混みにもまれて体力を消耗するだけ。となれば一風変わった観光を考えなければなりません。
 そこで思いついたのが大回り乗車。ご存じの方も多いと思いますが、東京や関西、福岡などの都市圏では、近郊区間内であればどれだけ大回りをして目的地にたどり着こうとも運賃は最短距離分でOK、という決まりがあるのです*2。簡単な例としては、東京から神田まで行くのに山手線外回りを利用しても内回りを利用しても運賃が変わらない、という感じです。今回はこれを利用して、池袋から秋葉原までの車窓を楽しむことにしましょう。
 まずは埼京線に乗り込み、池袋駅から大宮駅まで移動します。板橋、十条あたりで一瞬どうしようかと思いましたが、赤羽からは何とか都会っぽい風景に持ち直してくれたような気がします。大宮駅で駅ナカとやらを見学したあとは、京浜東北線で南浦和まで。さいたま新都心すごいですね。日本のドバイですね。デフォルトしてまえ。
 南浦和で武蔵野線に乗り換えます。思えばこれが最初の間違いでした。行けども行けども田園地帯。車窓から見る風景は滋賀県のものとまったく変わりません。おまけに西船橋までの旅程なので、バカみたいに長い間乗車していないといけないのです。いじめか。デフォルトしてまえ。
 西船橋でほうほうの体になりながら総武線に乗り換え。一転して高層ビルが建ち並ぶ文明的な車窓に、やはり埼玉県民と千葉県民の格付け合戦は千葉県民の勝ちなのだということを噛みしめながら、秋葉原へと移動します。途中強風により減速するというごくありふれたハプニングもあって大満足。120分もの間電車にゆられ続け、運賃はたったの190円。素晴らしいことですね。秋葉原駅を出るとまずは腹ごしらえ。一度食べてみたかったワッパーに手を出すべく、バーガーキングへと向かいます。味は……まあ、肉でしたね。クォーターパウンダーが発売されて以降、大盛り系のハンバーガーに対する感動が薄れつつあるのは気のせいなのでしょうか。
 お腹をふくらませたあとは懲りずにリナカフェ。ほぼ同時にねこちゃさん(@nekocafe)も来店してたようです。絡みに行こうかと思いましたが、なんか怖いのでやめときました。ちなみに来店早々、注文した抹茶ラテを机にぶちまけてしまったのは内緒です。本当に申し訳ありませんでした。そうこうしているうちに里々(@sato2)とMAKKI(@LJ_MAKKI)も来店したので、3日目のSF研スペースについて打ち合わせを始めようとしたところ、タイミングよくきくぞねさん(@kikuzone)とはるさん(@har_u)、桶とちはやさんも来店。なんだこのオフ会。体調がすぐれずしばらくしてはるさんが離脱しましたが、残りのメンバーで小一時間ほど盛り上がったところで、リナカフェがだいぶ混雑してきたため場所をロイヤルホストに移します。ちはやさんの傍若無人な言葉責めで失われた体力を、注文したパフェで補給します。何というアメとムチでしょうか。ちなみにパフェは自腹です。
 その後、僕とちはやさん以外はオフ会ないし宴会の予定があるとのことで、6時前に解散。その足でネットカフェに戻ります。翌日は本命のなのは島。早めに寝ることにしましょう。

3日目

 なのはですなのはです。この日のために生きているようなものです。千円札が30枚、お財布の中もバッチリです。
 午後からのみではありますが、売り子もやるためサークル入場です。そのためあまり早く起きる必要もないのですが、どうもネカフェの隣のブースがうるさくて、4時半頃には目が覚めてしまいました。4時前くらいからずっとカタカタとキーボードを叩いているようなのですが、打鍵音がどうにもうるさい。とりあえずTwitterを見ていると、桶が金に困っている様子。さすが二日目に同人CDを140枚買っただけのことはあります。桶も同じネカフェに泊まっているはずなので、青春18きっぷ代をいま払ってやろうとブース番号を聞いたところ、隣でした。うるさいキーボードの犯人は桶でした。クソが。
 ネカフェを7時に出て会場に到着すると、手早くスペースの準備を終わらせ、経路の確認に勤しみます。何といっても西館のため、多くのサークルが壁になってしまいました。激戦が予想されます。入念なチェックを重ねます。戦場では一瞬の油断が命取りなのです。ここまで書いて自分の文章を読み直してみましたが、あまりの気持ち悪さに心が折れそうです。
 開場してから二時間ほど記憶がありません。壁を巡り終わったところで財布を確認すると、30枚用意したはずの千円札がなぜかあと5枚になっていたりなど、恐ろしい体験をしたような気もしますがよく覚えていません。左肩が痛かったこととか、黎明ネルトリンゲンさんの紙袋が重宝したこととか、タマゴ屋さんの行列で「いやー、僕タマゴ屋が一番好きなんですよ」「あーわかります。それにしても、えータマゴ屋壁かよーっていう」「ほんとに、嬉しいんだけど、嬉しいんだけどやっぱきついですよねー」という会話が聞こえてきて、「同士よ!」って言いたくなったこととか、そんな感じのことがあったような気もしますがよく覚えていません。
 12時半にすべてのサークルを巡り終えて、SF研のスペースに移動します。MAKKIと売り子を交替してしばらくすると、冬の風物詩・飛び出すHANAJIです。冬に乾燥したネカフェで長期間過ごしているからなのでしょうか、二年連続でコミケ開催中に鼻血を出してしまいました。えっちな本なんて読んでませんよ!
 何とか止血して売り子に戻ると、a-parkさん(@a_park)が来訪。ほかにも僕が買い物している間にuasiさん(@uasi)もいらっしゃってたようです。
 2時半頃にはほぼすべての会誌が完売、撤収を始めます。帰りには例のごとくリナカフェに寄り、年越し蕎麦代わりにカルボナーラをいただきました。おいしかったです。

4日目

 静岡爆発すればいいのに。

まとめ

 気がついたら92冊も買っていたという去年の反省点を生かし、今回は買うジャンルの選択と集中に専念しました。それにより総購入数も減少するはず。人道的な冊数に落ち着いてるはずなんです。絶対大丈夫だから! 先っちょだけだから!

 ……あ、あれぇ、なにこれ……。
 さらに、例によって集計してみました。

魔法少女リリカルなのは
61冊
福本伸行作品
6冊
鋼の錬金術師
5冊
天体戦士サンレッド
4冊
攻殻機動隊S.A.C.
3冊
その他
12冊*3
91冊

 ……やったー1冊減ったよってバカぁ!
 せっかくなので、なのは本とそれ以外とでまとめてみました。右がなのは本です。

 もう何とでも言うがいいさ。はやてちゃんかわいいねん。「駄目だこのなのは厨は。俺がちゃんとした人間に更正してやる」というのはマジ勘弁。
 毎度毎度「100%全年齢本です」と言ったところでさっぱり信じてもらえないので、百合に限り限定解除してみました。それでも3冊を除いて全年齢という狂気。

魔法少女リリカルなのはA's PORTABLE -THE BATTLE OF ACES-(通常版)(特典なし)

魔法少女リリカルなのはA's PORTABLE -THE BATTLE OF ACES-(通常版)(特典なし)

*1:答えは「ゼームさんの正面の席に、僕が90度左向きに座っていた」です。ちなみにゼームさんの横に座っていたのはた〜ぼP(@ta_boP_2nd)さんだったようです。

*2:ただし同じ駅を2度以上通過してはいけません。

*3:ナベシンの個人誌が3冊、ひだまりスケッチ・咲・BLACK LAGOON・WHITE ALBUMが各1冊、その他きらら系本、精神疾患擬人化本、Twitter-bot本、サイバーパンク本、オリジナル本が各1冊。