読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

favstarの「今日のツイート」機能はもっと評価されるべき

favstarに課金してみた

 こんにちはー突然ですがfavstarって便利ですよね。クロールも早いし、ふぁぼられの数だけじゃなくRTの数まで分かっちゃうし、そして何より軽い! でも致命的な欠点が一つあって、ふぁぼられにしろ何にしろ20件までしか見ることができないんですよね。これは普段使いするには大きすぎる欠点です。ところが! どうやら20件しか表示できないのは無料ユーザーのみで、favstarさんに課金すればいくらでも見れるようになるそうじゃないですか! しかもそのほかにもいろんな機能がついてくるようです。して、気になるお値段は……?

30ドル/6ヶ月間
50ドル/12ヶ月間

Bonus features

 ……高ぇよ。
 ニコニコ動画が月500円、ATOKが月300円のこのご時世に、Twitterのお星様を追いかける程度のことでひと月あたり5ドルも払う人間なんかそうそういないでしょうに。これどう考えても価格設定おかしいと思うのですが……。実際、後述するように課金ユーザーはかなり少ない模様。とはいえ、Twitterユーザーが増加したことによるふぁぼインフレでふぁぼったーがやたらめったら重くなってしまった今、少々のお金を払ってでも比較的軽いfavstarを使う方が、精神衛生上は賢明なのかもしれません。それに、先ほど引用したページにはこうも書いてあります。

今後、便利なオプションを追加していくつもりです。

Bonus features

 いやどう考えても単なるリップサービスだろ、と思うかも知れませんが、実際にかなりの数の新機能が追加されています*1。ということなので、今後さらに新機能が追加されることを期待して、課金しておくことでfavstarさんのモチベーションを上げてみることにしましょう。今は円高だから、30ドルといっても実質2500円ですしね。

課金後に追加される機能のまとめ

 さて、ここでfavstarに課金したら具体的にどんな機能が使えるようになるのか、についてざっとまとめてみようと思います。favstarにもちゃんと書いてはいるのですが、何だか訳が分かりにくい上に説明が不十分なので、そのあたりを補いながら見ていきましょう。
 まずは何と言っても「続きを読む機能」! 画像のように、最大20件までしか表示されなかったページ下部に「More」と書かれたボタンが現れ、これを押せばいくらでも続きを見ることができるようになります。これで100件だろうが1000件だろうが思いのままに遡れる! ひゃっほほっほほほほほーーーっい! なお、課金すればどのアカウントのページでも続きを読めるようになりますが、自分のアカウントのページについては課金していない人でも続きを読めるようになります。要するに、@m_sobaさんが課金すれば、@m_sobaさんは他の人のふぁぼられもどんどん遡れるようになるし、他の人は課金しなくても@m_sobaさんのふぁぼられを遡れるようになる、ということ。「俺のふぁぼられを見ろォ!」という自己顕示欲の強い方なんかにもお薦めですね!
 続いては「カスタム通知機能」! 課金前は50favと100favの際に来ていたfavstarさんからの通知を、何favで通知するようにするか自分で設定できるようになるという機能です。例えば「いっぱいふぁぼられたいけど、50favなんて滅多に取れないし、もう少しハードルを下げてモチベーションを上げたい!」などという人は20favで通知されるようにしたり、逆に「つぶやくことつぶやくこと全部50fav超えちゃって、mention欄がfavstarで埋め尽くされてうっとうしいのだよ、アハーン」というふぁぼ富豪は200favを超えない限り通知しないように設定することも可能というわけ*2。画像のように21favなどというよく分からない数字でも、ちゃんと@favstar_botさんが通知してくれます。なお、通知してほしいfav数は複数設定することも可能です。通知は@favstar_botからのreplyにくわえ、Twitter上のDMやEメールも選べるようです。
 そして個人的に大きいのが「今日のツイート機能」! その日一番輝いていたpostを一つだけ選んで「今日のツイート」に指定することができるんです。今日のツイートに選ばれたpostは、fav数とRT数の下に「PICK」という欄が現れて、誰が今日のツイートに指定したかが分かるようになります。大笑いしたpostもクスッときただけのpostも同じ1favというのは納得いかない! という方にお薦めの機能ですね。僕も半ばこの機能目当てで課金したようなものですし。この機能についてはあとで詳しく説明します。
 さて、そのほかは細々とした機能ばかりです。例えば、ページ左上に表示されるリンクを5つまで増やすことができます。課金前は2つしか設定できなかったので便利ですねー。そんなもんiddyやretaggrとかのプロフィールページを貼り付けときゃそれでお終いだろ、5つもいらねえよ、というツッコミはやめましょうね。favstarさんが泣いちゃいます。
 また、最新ふぁぼられのRSSフィードの情報が詳しくなるというオマケもあります。要するに課金前はpostの内容とfav数だけだったのが、誰がふぁぼったのかもフィードで分かるようになると、それだけの機能。ちなみにこちらは続きを読む機能と違って自分のRSSフィードにしか適用されません。他人のふぁぼられを購読するような人間なんていないだろ、ということなのでしょうか。なお、他人が自分のフィードを購読する分には、詳細なフィードが配信されるようなので、「俺のふぁぼられを見ろォ!」な人にはとことんおあつらえ向きの機能ですね。
 主だった機能はこの程度でしょうか。広告が非表示になるなど細かい変化もありますが、そもそも広告ってどこに表示されてたんだっけ。あ、右かー。これで課金後の機能はすべてですが、これでひと月5ドルが安いか高いかは皆さんの判断に任せます。僕個人としては、ぶっちゃけ高いと思います。あり得ないくらい高いと思います。とはいえ、課金しちゃったものは仕方がないし、精一杯有効活用しないとなあ、といった感じですね。

今日のツイート機能について〜なぜこんなに使われていないのか

 さて、ここからは課金後の機能の中でも個人的にひときわ注目度の高い「今日のツイート機能」について書いていきたいと思います。この機能は先ほども説明したように、一日一つだけ好きなpostをピックアップすることができるというもので、僕は「今日一番輝いていたpost大賞」として使っています。ピックアップするにはfavstarでpost右側のトロフィーマークをクリックするだけ。ピックアップされたpostは、右画像のようにPICKという欄が現れて、ピックアップした人のアイコンが表示されます。また、ピックアップするpostはその日に投稿されたものでなくても構いません。一日前だろうが一月前だろうが、一年前のpostだろうが「今日のツイート」としてピックアップできます。ただし、ピックアップできるのは一日一度だけ。一度ピックアップすると、日本時間の午前0時ちょうどを超えるまでピックアップはできなくなります。また、一度ピックアップしたら取り消しもできないようなので、ピックアップの際は慎重に。
 ちなみに、どんなpostがピックアップされているのかはページ左側の「今日のツイート」*3というボタンをクリックすれば見ることができます。試しに見てみると……んん!? これはまた、ずいぶんと多様性に欠ける感じのページが出てきました……。なんと、今までに一度でもこの機能を使ったことがあるユーザーは僕を除いて25人、二回以上使っているのはたったの12人、五回以上となると6人だけ*4という状態。これは……予想以上に使われていない……! さすがにこの機能のユーザー数がすなわち課金ユーザー数というわけではないでしょうが、それにしても課金ユーザーの少なさがうかがえます。おそらく日本語ユーザーで課金をしているのは多くても50人程度といったところでしょうか。
 なぜこんなに今日のツイート機能のユーザーが少ないのか。もちろん、冒頭でも書いたように「高ぇよ」というのもあるでしょう。ただ、他にも理由はあるんじゃないかと僕は思うんですよ。その理由として、この機能への定着率の低さが挙げられます。先ほど、この機能を一度でも使ったことがあるユーザーは25人、二回以上使っているのはたったの12人と言いました。つまり半分以上のユーザーは一度使っただけでこの機能に見向きもしなくなっているということ。もちろん2回目で使わなくなったという人もいて、「定着している」と言えるほどこの機能を使っているのは10人足らず。少なくとも25人の母数がいてこれですよ。これは何か理由があるでしょう、と。
 そこで考えられるのが、「あまりに知名度が低くてやってられない」というもの。せっかくこつこつピックアップを続けても、周りから何の反応もないのでは、自分が何をやっているのか分からなくなって馬鹿らしくなってくるという状態ですね。「お前らも課金してピックアップしろ」とは言わないまでも、せめて今日のツイートという機能がどういうものであるかくらいは知ってほしい、と。そういうことを心の中で叫びながら、最終的に「アホらし」とこの機能を捨てていっちゃった、そんな人が結構いるんじゃないかな、自信ないですが、そんな気がします。というかいま僕が割とそんな感じです!
 というわけなので、ふぁぼ乞食やネタクラスタのみなさんにおかれましては、ふぁぼらればかりを追い求めるのではなくて、今日のツイートに選ばれることも目標の一つにしていけばいいんじゃないかな! 目標は多ければ多いほど楽しいと思うな! 唐突にまとめて今日の日記はジエンドにゃん!

今日の5の2 (ヤンマガKCスペシャル)

今日の5の2 (ヤンマガKCスペシャル)

*1:例えば今日のツイート機能やカスタム通知機能なども最初は存在しませんでした。

*2:後者は死ねばいいと思うな!

*3:英語版の場合はTweets of The Day

*4:なお、この機能が使われ始めたのは2010年10月頃で、今までにピックアップされたpostはおよそ140個。