読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

O'Reillyの表紙をパロディしたい人向けのあれこれ

Kantで始める定言命法プログラミング

http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=18534950
単行本:480ページ
出版社:オクライリー・ジャパン (2011/05/01)
発売日:2011/05/01
内容紹介:Kantは優れた観念論的プログラミング言語ですが、その最大の特徴は「定言命法」と呼ばれる独特の記法にあります。無条件に「〜せよ」と命じる絶対的命法、すなわちIf文の存在しない記法。それが定言命法プログラミング言語Kantなのです。If文がなくてもプログラミングはできる。それもとびきり倫理的なプログラミングができるということを、皆さんにお教えします。

O'Reillyの表紙フォントとか

 冗談はさておき、オライリーの表紙をパロディしたものを作りたい人向けのメモ。主に自分向けでしかないけど。

Webサービスを利用する

 O'Reilly MakerというWebサービスを使うと、誰でも簡単にオライリーの表紙っぽいものを作れる。ただし、以下の点に留意。

  • 動物のイラストは12種類から選択する形。自作イラストの使用はできない。
  • 装幀は洋書版に準じているので、日本語版とは多少デザインが異なる。
  • 改行や部分的なフォントサイズの変更など、小回りがきかない。
  • そもそも使用しているフォントが本物と違う。

 別にそんなの気にしねえよ、という人はWebサービスで充分だと思う。現に30秒程度でオライリーもどきがサクッと作れちゃうというのは魅力。

自分で作る

 「ヤダヤダもっと細かいところまで本物っぽくデザインしたい!」という偏執狂の方は、イラレとか使って心ゆくまで好きにすればいいと思うな。その際の注意事項というかアドバイスというか、なんかそんな感じの。

  • 判型は232mm×182mm。
  • タイトル部の英文フォントはSabon Bold(BitStream版名義ではClassical Garamond Bold)。
  • タイトル部の和文フォントは新ゴ M。
  • 上部の気のきいた文章と、著者名(英文)のフォントはSabon Italic(Classical Garamond Italic)。
  • 著者名(和文)のフォントはリュウミン M-KL。
  • オライリー社のロゴのフォントはアポストロフィを除きGill Sans Roman(Humanist 521 Roman)。
  • ロゴフォントのアポストロフィ部分はHelvetica Roman(Swiss 721 Roman)。
  • アポストロフィの色は上部&タイトル部の色と同じにする。
  • 社名ロゴについては改変しないのであればオライリーのサイトでEPSデータをダウンロードできる。

 こんな感じか。フォントはウェイトまでは自信ない。ひょっとしたらウェイトどころかファミリーから違うかもしれないけどね! 違ってても責任は取りません! でも違ってたら教えてください!
 ちなみに英文フォントはTrueTypeフォントパーフェクトコレクションって本で大変お安く手に入ります。和文フォント? がんばれ!

改訂5版 TrueTypeフォントパーフェクトコレクション (IJデジタルBOOK)

改訂5版 TrueTypeフォントパーフェクトコレクション (IJデジタルBOOK)

  • 作者: Fonts by Bitstream Inc.,深沢英次,インプレス編集部
  • 出版社/メーカー: インプレスジャパン
  • 発売日: 2010/03/23
  • メディア: 大型本
  • 購入: 5人 クリック: 272回
  • この商品を含むブログ (9件) を見る