読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サービスごとにアドレスを変えてみよう

表題の通りです

 お久しぶりです。もうちょっとまともな更新頻度にならないものかなあと思うのですが、思うだけです。今日はちょっとしたtipsというやつをみなさんにプレゼントします。どんなtipsなんでしょうねー記事タイトルを見ただけじゃぜんぜん分からないなー。
 はい。表題の通りです。例えば僕はbi3.jpというドメインを取得していて、普段はmail@bi3.jpというアドレスでメールのやりとりをしているのですが、Webサービスやら何やらに登録するときのアドレスを別のアドレスにしちゃおうというテクニックです。それも、サービスごとにアドレスを変えちゃおうと。例えば、Hatenaに登録するときはhatena@bi3.jpにするの。Hatena専用アドレスを作るという感じですね。
 独自ドメインをお持ちの方は、CatchAllという仕組みを使えば可能です。CatchAllとは、ざっくり言うと「実際には存在しないアドレス宛のメールも届けてくれる」というもの。どれだけ適当にメールアドレスをでっち上げようが、アットマークの後ろがちゃんとしてさえいれば必ず届く便利な代物です。ただし、当てずっぽうなアドレスに送りまくるタイプのスパムメールもたまに来るので、注意が必要ではあります。このCatchAllですが、XREAとかは対応してます。さくらは対応してないそうです。他は知らん。
 CatchAllに対応していない場合でも、メールアドレス無制限のサーバーの場合は、サービスごとにアドレスを作成すれば大丈夫ですね。面倒ですが。メールアドレス無制限というと、さくらなんかがそうです。やったね。
 とはいえ、独自ドメインなんか持ってないよという人が大半だと思います。しかしGmailなら似たようなことが可能なんですよ*1。Gmailには「メールエイリアス」という機能がありまして、アットマークの前に「+なんちゃら」と挿入することで、別のアドレスを作成できるんです。たとえばminadzki@gmail.comというアドレスを持っていた場合、minadzki+hatena@gmail.comだとか、minadzki+twitter@gmail.comなどという感じで、アドレスが作り放題。Gmailの方で特に設定をする必要はなく、必要なときにパパッと作れるので便利ですね。

すべては迷惑メールのためだった

 ここまで読んで、みなさん思いますよね。サービスごとにアドレスを変えて、どういうメリットがあるんだ、と。何かいいことはあるのかと。正直言って、あんまり思いつきません。メリット、ないですね。ただなんとなく楽しいです。
 というのではあまりにアレな感じなので、ひとつだけ。迷惑メール対策になります。といっても、迷惑メールを「予防する」のではなく、「届いてからの対処を楽にする」という手法。ここで、迷惑メールがどのようにして送られるかを考えてみましょう。もちろん先述のように当てずっぽうなアドレスに送りまくるタイプの迷惑メールも存在します。僕のところにもたまに「kfjhusdbiuhfwenk@bi3.jp」のような、「可能性を考えろよ!」と言いたくなるようなアドレス宛のメールが来たりします。でも、それはほんの少数。大半の場合は、残念なことに「どこかしらに登録したアドレスが業者に漏れている」という現実があるのです。こうなっちゃえばいくら長めのアドレスにする、アドレスに数字や記号をちりばめるなどの予防手段をとってても意味がありません。身近な例を挙げると、就活を始めようとマイナビ・リクナビに登録して、いくつかの会社にエントリーした瞬間に迷惑メールが来るようになった後輩を何人も知っています。僕はエントリーの数が少なかったので助かりました。得して損とれの手法ですね。
 さて、そこでWebサービスごとにアドレスを変えるという手法が生きてきます。僕のメールボックスを例にとってみましょう。迷惑メールの宛先は、なんと99%が「logmein@bi3.jp」というアドレスに集中しているのです。このアドレスは、僕がMinecraftのマルチプレイをやりたいがために登録した「LogMeIn」というサービス専用のアドレス。そう! もうお分かりですね! この手法を使うと、どのサービスがアドレスを漏らしている悪徳業者かが手に取るように分かってしまうのです! いやあなんでLogMeIn専用のアドレスにだけこんなに迷惑メールが来るんだろうなあ不思議だなあ!!!
 もちろんスパム業者が偶然、本当にたまったま、当てずっぽうでlogmein@bi3.jpに大量に迷惑メールを、ぐぅーぜん送りつけまくっただけかも知れませんしね、推定無罪です。LogMeInは何も悪いことをしていない。まさかそんな顧客のメールアドレスを業者に横流しするだなんて不義を為すわけがありません。常識で考えましょう。今回のことは不幸な偶然の一致なんです。かわいそうなLogMeIn。
 で、この手法、ただ単に悪徳業者が誰かを知れて楽しいってだけではありません。そのあとの駆除がとても楽なんです。そう、logmein@bi3.jpにしか迷惑メールが来ないなら、そのアドレス宛のメールだけゴミ箱に直行させればいいじゃない。LogMeIn自体からのメールもたまに来るだろうけど、これを機に別の似たようなサービスに乗り換えちゃいましょう。別にLogMeInが悪いわけでは全然ないんだけど、まったくもってLogMeInは無実なんだけど、仕方がないんだ。このように迷惑メールの入り口を潰してしまうというわけです。そうすれば迷惑メールはきれいさっぱり。なんてハッピーなんでしょう。
 ところで誰かリクナビやマイナビでエントリーするたびに違うアドレス使って、どのアドレスに迷惑メールがよく来たかのランキングとか作ってくれませんかね。社会学上大きな価値のあるデータが取れると思うんです。

大迷惑 (シングル・ヴァージョン)

大迷惑 (シングル・ヴァージョン)

*1:絶対Gmailユーザーの方が多いだろ、先にそっち言えよ